フランス式メディカルアロマ

日本ではアロマテラピーはリラックス効果を期待しての使用や香りを楽しむ物という考え方が一般的です。日本のアロマテラピーのこの考え方はイギリスから入ってきたアロマテラピーの影響によりますが、アロマテラピーのもう一つの本場フランスではアロマテラピーはまた違った利用をされています。それはメディカルアロマと呼ばれる物で、アロマテラピーを単なる癒しと娯楽としてではなく、医療に順じた物として利用する考え方です。香りに医療に順じた力があるのかと不思議に感じる人もいるでしょうが、例えば風邪を引いた時や鼻詰まりに効果がありスっとした独特の芳香のメントールやハッカはシソ科の植物が原料となっていて、これも一種のメディカルアロマと言えます。メディカルアロマの場合は香りを嗅いだり皮膚に塗るだけでなく、直接飲用する事もあり、一般的に市販されているアロマテラピー用の精油とは異なる物を使用します。

メディカルアロマを学んで今後に活かそう

メディカルアロマを知っているでしょうか。名前の通り、医療とアロマテラピーの混ざったものですが、まだまだ浸透していないのが現状です。日本ではアロマといえばアロマテラピーで、リラックスするためなど、癒しのためのものとされていました。しかし、ヨーロッパなどでは、医療のひとつとしてアロマが取り入れられています。香りで痛みを緩和したり、治癒力を高めたりなど、治療のためのものとして利用されてきました。最近でも、日本でメディカルアロマを取り入れる医療機関は増えてきており、資格や検定が行われていたりと、少しずつですが浸透してきています。けれども、保険が使えないなどの問題がまだ残っているのが現状です。資格取得者も増えてきているので、今後保険などの問題が緩和されればますます広まると思われるので、興味をもったのであれば、学んでおくと今後の活躍の場が広がるのではないでしょうか。

メディカルアロマによる癒やしの効果

アロマテラピーのひとつメディカルアロマは、アロマの効果で癒やしを得ることで、身体の不調やマイナスな考えを癒し整えてくれます。精油を直接的に使用することで、ストレス解消やその他の症状の改善を試みる代替医療とされています。実際にアロマ製品を身体に塗ったり、身体の中に取り入れることで治療効果を期待します。病気ではないけれども、体調に不安があったり、ストレスを抱えている方に、薬ではなくアロマで治療するメディカルアロマがお勧めです。皮膚に塗布する、飲むなどの行為により治療効果を得ようします。ただし、注意したいのは精油は衣料品でもなければ、食品もでありません。正式に認可された使い方を想定した製品ではありませんので、一般にメディカルアロマを実施する際には、不具合やトラブルが発生したとしても事故責任になりますので注意してください。

受講生それぞれに合った就職を実現させるため、個人の個性に合わせた進路を一緒に考えていきます。 香りによるリラクゼーションから、人の健康と美に迫る「JAA認定アロマコーディネーター講座」。 リップクリーム、バスボム、クレイパック作り等、どなたでも参加可能な1dayレッスンを毎月開催! メディカルアロマ