技あり!防音工事おすすめ6業者

防音工事に掛かる費用を簡単に比較できるサイト

ミュージシャンの方や、子供が習い事で楽器を習っている親御さんにとって、防音工事は避けて通る事が出来ません。自分では気になる事がない音でも近隣の住人によってはとても苦痛となっている場合があります。当サイトは住居や練習スペースの防音工事を施工している会社を取り扱っています。

当サイトは各防音工事施工会社の特徴や費用などを比較検討する事が容易な作りとなっています。防音工事といっても壁に防音材を塗るだけの工事から、防音材をふんだんに使ってスペースの密閉度を高める工事まで様々な防音工事があります。

当サイトでは施工会社各社の防音工事の特徴をとても見やすく、取り上げています。各社の防音工事の防音の効果も比較して掲載しています。目的に応じた防音工事も簡単にサイトから調べる事も可能です。防音工事を希望する方にとって、より適切な施工会社を当サイトを利用すれば見つける事が可能です。

阪神防音R

公式サイトはコチラ

阪神防音Rでは、長年の信頼によって大手材料メーカーから低コストでの仕入れが実現しており、広告宣伝費や諸経費などのコスメの削減が可能になりました。その為、低価格で防音工事を実現することが可能になり、利用しやすくなりました。

防音性能保証や品質保証につきましては、全ての賃貸の防音工事に関する施工において対応しています。工事完了後にはご希望の防音性能をクリアしているか、お客様の立ち合いの元確認確認を行っています。万が一、防音性能に満足いかなかった場合もしっかりと対応してくれます。

阪神防音Rでは、年間100件ほどの防音工事の実績があり、様々な経験や知識・ノウハウを活かしてお客様のご希望に応えてくれます。限られたご予算であっても、より良い物づくりを提供することに努めている業者です。

サウンドゾーン

公式サイトはコチラ

サウンドゾーンでは防音工事をしており、耐用年数も長く安心して利用をすることが出来ます。デザイン性に優れた空間を演出できますので、お客様のイメージに合わせた最適なものを作ります。個人宅の防音工事も可能ですので、ピアノやドラムを練習したい方に最適です。

サウンドゾーンではリーズナブルな価格で施工をしますので、初めて利用をする方にも安心です。施工プランも様々ありますので、利用したいプランに合わせてプロが最適なものを提案します。防音ルームを実際に体験できますので、イメージが掴みやすいです。

高い技術を持ったプロがしっかりとサポートをしますので、遮音性や音響性にすぐれた空間を作りだすことができます。新しくダンススタジオやライブスタジオの設置を考えている方は、プロにお任せください。最適な防音工事を提案します。

D.S.Pコーポレーション株式会社

公式サイトはコチラ

D.S.Pコーポレーション株式会社は2009年に設立された会社で、東京都の港区の南青山で活動しています。会社の営業時間は平日の朝9時から夕方の18時までで、土休日は定休日です。会社の主な事業内容は建物内での防音工事で、建設業の工事を可能にするために許認可として東京都知事許可(般-21)第133208号を取得しています。

この業者の事業内容である防音工事では様々なタイプの防音室の設置を行っています。一言で防音室といっても、ピアノ用、ドラム用、リハーサルスタジオ、シアタールームなど様々です。というのはそれぞれに音域に特徴があり、その特徴ある音域を最大限に引き出す必要があるからです。

しかし会社では防音対策だけのための工事をしておらず、一般のリフォームなどの工事も行っています。リフォーム工事では一般住宅の介護対策、商業施設や福祉施設など幅広く行っています。

株式会社リブテック

公式サイトはコチラ

防音工事を行っている会社はいくつもありますが、株式会社リブテックでは快適に楽器演奏出来る防音工事に力を入れています。専用のピアノ室やバンド室を造り上げる事が出来るので、楽器を快適に演奏したい人にとっては満足がいく防音工事です。

工事を行う時には、何に注目して防音工事会社を選べば良いのか考える必要があります。そこで、防音工事会社の選び方で大事になるのが実績です。株式会社リブテックでは既に1,000件以上の工事実績があり、それだけ多くの人から満足されているという事です。

また、工事が終わればそれで完了ではないです。リブテックでは、工事後に明確な数値データを目安にして遮音性能のチェックを行っています。つまり、質が高い防音性能を持った部屋を造り出せる事が出来るのでおすすめの防音工事会社です。

戸大建設工業

公式サイトはコチラ

国によって指定された防音対象区域内(飛行場や演習場などの周辺区域)に所在する住宅に対して、家屋の壁や天井の防音施工等を行う住宅防音工事の助成を行っています。戸大建設工業は、このような防衛施設庁の防音工事を全国で請け負っています。施工だけでなく助成金交付の申請に関してもプロのアドバイスを受けられるので、複雑な手続きでも安心です。最新技術を使った防音工事と積み重ねてきた実績が信頼されている理由です。

戸大建設工業では「自前主義」をモットーにしています。自前主義の一つは、下請け企業に丸投げしない自社直接施工です。施工現場では自社職員が担当し、パートナー企業と協力して行う場合も、管理業務は必ず自社職員が行います。施工内容をきちんと理解しているので、安心してまかせられます。

自前主義の二つ目は、企画から、設計・施工・監理・アフターメンテナンスまで、すべて責任を持って担当することです。お客様第一を基本に、施工に関する疑問点などの相談を受け、的確な提案をし、問題があれば迅速に対応できるのが、人気のポイントです。自前主義の三つ目は、あらゆる業務を自社で行うことです。仲介業者を介さないことでコスト削減をしており、その分施工予算を抑えることができます。また、常に新しい技術やサービスの導入をし、積極的に品質向上に取り組んでいます。低予算で高品質な施工ができるのがメリットです。

千歳ニッツウサービス株式会社

公式サイトはコチラ

様々な住宅や事業所で短期間での防音工事を行いたいという方はいませんでしょうか。そんな時にお勧めしたいのがこの千歳ニッツウサービス株式会社です。ここは、第一工法にも第二工法にも対応出来る確かな技術力を持っています。そうした技術力を持っているからこそ短納期の工事にも対応出来ます。

過去に別の会社で防音工事を行っている場合にも対応出来るのも千歳ニッツウサービス株式会社の強みの1つです。追加工事や建替工事、機能復旧工事まで様々なパターンに対応出来るのもここの技術力の裏付けになっています。

さらに、工事によっては助成金が出る可能性があります。住宅防音や国から所用の工事に関しては、一定額の金額が助成されることがあるので、お得に防音工事を行えることがあります。

防音工事は業者に任せることが大事

戸建て・マンションなどの建物では、楽器演奏であったり、ムダ吠えするワンちゃんのためであったり、生活音を外に漏らしたくない場合に防音工事を行うようです。そのため、工事を依頼する業者の質はもちろん、防音に関する知識を得ることも大事になります。例えば、遮音・吸音に関してはこんがらがった思い込みも少なくないようです。音を遮る工事ならば、硬く・重い材料が用いられるのですが、吸音は音の響きを抑えられる柔らかく・軽い吸音材が用いられています。誤解しがちなのは、吸音材で防音ができるという情報が拡散されている点です。もちろん、音の響きは軽減されるのですが、遮る防音効果はありません。DIYからも、遮音すれば防音室ができるイメージから、壁を厚く重たくしたり、遮音ドアだけを設置する人も少なくありません。音漏れはないにしても、楽器を演奏するのならば、かえって響きすぎてしまい、様々な楽器を奏でるにしても、バラつき・うるさい、そうした失敗例もありますから、工事は専門業者に任せましょう。

防音工事をするだけで、その部屋の外に音は漏れず、しかし普通の部屋で演奏するよりはっきりと防音室内では聞こえるそうです。楽器本来の音色がしっかり聞き取れるのは魅力でしょう。賃貸マンションなどでは、消音楽器を使って演奏することがマナー・ルールとなりますから、防音工事を行うだけで、音色をしっかり感じたり、確かめながら演奏ができるのは助かるようです。ちなみに今や、音大の学生向けの賃貸マンションでも施工が行われているほどです。もちろん、防音工事と一口にいっても、音の性質は楽器により異なります。低音や重低音域となるドラムや高音となるピアノなど、楽器全般に強みを持つ業者が工事を行えば、音の反射まで考え、計測や分析し、演奏に適した響きのよい吸音率の防音工事を行ってくれるでしょう。

防音工事は自由設計で大規模になるイメージが根強いものの、定形・ユニット・カスタムなど、臨機応変に応えてくれます。なかでも、ユニット型であれば組み立てるだけ、工事も最短1日という場合もあるようです。サイズも管・弦楽器向けの小型サイズ1畳からグランドピアノ向けまで展開しています。最近の建物、部屋の作りは複雑な形状をしていますが、独自パネル工法によって設置できるのは魅力です。簡単に組み立てたり、簡単に移設できる防音室であれば、工期も短く済みます。もちろん、本格的な防音室を依頼するならば、設計士から住宅メーカーとも打合せを行い、ドラム演奏まで考えれば、遮音性能Dr-65以上の性能で仕上げてくれるのか、そうした調査まで行いましょう。ちなみに、推定遮音性能の確認をしてくれるのなら、安心です。

ページトップへ