シャチハタと印鑑の違い
2017.06.22

きれいなハンコ書類等に判を押すために用いられるシャチハタと印鑑。判を押すという目的そのものは同じでも、その厳密な意味合いや使用用途は大きくことなることをご理解されていますでしょうか。まず印鑑というものに複数の種類が存在することを確認しておきましょう。
印鑑には大きく分けて「実印」、「認印」、「銀行印」というものが存在しています。実印は印鑑証明等も行える印鑑で、法的な効力を持っています。そのため、書類は書類でも重要な契約書などへの判はこれで押すことになります。紛失してしまうと悪用されることもあるので、扱いには十分に注意し紛失した際には届け出る必要があります。「替えの利かない印鑑が実印」と認識してください。
次に認印という印鑑は、主に宅配物の受け取り等に使われる簡易的な印鑑になります。シャチハタと呼ばれる印鑑もこの部類に入ります。押すのもとても簡単で取り回しが利くのがメリットです。朱肉をセットで用意する必要もなく、スタンプを押す感覚で誰でも簡単に使うことができます。子どもさんが印鑑を使う練習としても良いかもしれませんね。
しかし、実印とは違い重要な書類などへの押印をすることはできません。シャチハタで押した書類を提出しても、返されてしまうのが普通です。シャチハタは印を押す面がゴムでできているため、使っていくと経年劣化していきます。経年劣化していくと、過去に押された印と後から押される印に違いが生じるため実印で使用することができません。また、前述の通り朱肉を扱わずにインクを使うことになります。これらが、シャチハタを重要書類で使うことができない本当の理由です。ただ、前述の通り取り回しの利きやすさがシャチハタのメリットですから、日常生活においてはシャチハタで事足りることが多いです。
銀行印と呼ばれる印鑑は、その名前の通り銀行での手続き等に使われる印鑑のことです。この印鑑は、実印と併用して使っている方も多いため明確な区別がされていないこともよくあります。特に難しく考える必要はなく、知識として知っておきさえすれば問題はありません。
また、シャチハタに関する豆知識ですが、シャチハタと呼ばれている印鑑はシヤチハタ株式会社という会社が製造している印鑑のことを指します。会社の名前はシヤチハタと書いてシャチハタと呼ぶため、Xスタンパーもシャチハタと呼ばれています。また、シャチハタと呼ばれている印鑑の正式名称は「Xスタンパー」と呼びます。お家に1つあれば非常に重宝する商品ですよ。

▲ ページトップへ