印鑑作成の注意点
2017.06.22

印鑑人が生きる上で欠かせない物、それは印鑑です。はんことも言いますね。この印鑑あるいは、はんこは通販でも購入できる欠かせない物です。印鑑は人生の様々な場面で登場しますよね。お家に届く宅配物の受け取りから、大切な契約を交わす時、お家や車の購入など、小さな出来事にも大きな出来事にもついて回ります。そんな印鑑だからこそ、自分だけのこだわりの印鑑を作るというのも良いのではないでしょうか。
まず印鑑を作る際には、その印鑑が持つ用途を理解しておかなくてはなりません。「実印」と呼ばれる印鑑は重要書類等への押印にも使えますが、「認印」に該当するシャチハタなどの印鑑は前述のような書類に押印することはできません。使い勝手の良さが売りであるため、宅配物の受け取りなど簡易的な押印にのみ使います。まずはこの用途の違いを理解した上で、作成を検討しましょう。
現在出回っている印鑑には様々な素材(材質)の物が存在しています。最も一般的とされるのが、薩摩本柘と呼ばれる木材の印鑑でしょう。ただ、この他にも様々な木材が使用される印鑑があることを知っておいてください。また現在では耐久性に優れるチタンなどの金属でできた印鑑、動物の角や牙、はたまたカラフルな樹脂でできた印鑑も存在しています。どれも印鑑としての役割はこなしてくれますが、それぞれが持つ風合いは全く違います。
また、木材と金属では持った際の心地良さ、押しやすさも人それぞれで好みが分かれるでしょう。特に実印は前述の通り重要な書類にも使用されるため、ご自身が最も扱いやすい印鑑を使用することをおすすめします。もし、慣れない素材の印鑑を使う際は、あらかじめ練習しておくと良いですね。
また印鑑は店頭ではなく、インターネット上で購入することも可能な時代となりました。印鑑を通販で注文する際は、使用する素材選びから使用する姓も全て画面上で行うことが可能です。当たり前のことではありますが、この時入力にミスのないようよく注意して行うようにしましょう。パソコンの画面上だとキーボードの思わぬ打ち間違えが生じる可能性もあります。そのまま発注しないよう複数回確認するようにしましょう。
印鑑を作るメーカーによっては、受け取りの前に「印影」を確認できる場合があります。印影はどのような印が押されているかを確認するためのもので、最終的な正誤の確認はもちろんのこと、自分だけの印鑑がちゃんと作られているかを確認するためのものになります。こちら確認可能であれば、必ず拝見していただき満足のいく印鑑を作っていただければと思います。

▲ ページトップへ